もりやま作業所の歩み

「もりやま作業所」は、その前身をたどると50年以上の歴史があります。創設者の石田啓介氏が、わが子の学校卒業後知的障がい者の受け皿として、必要に迫られて開いた《働く場》でありました。

 障がい者の子をもつ親の圧倒的な支持を得て、作業所は大きくなり、14年後には最初の社会福祉法人『もるどう会』ができ、「あじさい園」を経営します。残った4名で再出発した「もりやま共同作業所」も発展し、平成15年に誕生した2番目の社会福祉法人『白蓮』がもりやま作業所を開設・運営しています。

 現在でも40名以上の利用者が通所される日中活動の場として、地域での役割を担っています。

 

◆◆社会福祉法人『白蓮』運営の『もりやま作業所』の沿革◆◆

 

昭和42年     石田啓介氏が『石田工業 あじさい園』を開所

昭和52年 『福祉作業所 あじさい園』と改称

昭和58年 『福祉作業所 あじさい園』を

      『もりやま共同作業所』に改名

昭和63年 『もりやま生活ホーム』を開設

平成5年     すこやかセンターで喫茶『ふうせん』の営業開始

平成8年   『もりやませんべい』製造開始

平成10年  ようかん『一里塚』生産開始

平成13年  作業所を現在の十二里町へ新設移転

平成15年  社会福祉法人『白蓮』認可

平成16年 『もりやま作業所』竣工

平成22年 グループホーム『なないろハウス』を新築開所

 

    設立当初の石田工業あじさい園
    設立当初の石田工業あじさい園